鉄道ジャーナリスト 加藤好啓 地方鉄道研究blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 消えたローカル線  第二次特定地方交通線で廃止された・・・宮之城線

<<   作成日時 : 2018/12/02 23:14  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

赤字83線で廃止候補に挙がった、宮之城線

宮之城線について、少し調べて見ようと思ったのですが、あまり資料が無いのですが。
一先ず、宮之城線の歴史について振り返ってみたいと思います。

歴史
国有化以前は、大正2年に「川宮鉄道株式会社」という鉄道会社が設立され、4年後には工事が開始されるのですが、大正10年には会社自体が解散してしまうようです。その後は、鉄道省の手で開業させています。

国有化以後
1923年(大正12年):川内 - 大口間の建設線の一部として既に建設されていた部分を国有化し、大川線(後に宮之城線に改称)として7月より工事に着工
1924年(大正13年)10月20日【開業】宮之城線 川内町 - 樋脇間 (13.4km) 【駅新設】楠元駅、吉野山駅、樋脇駅
1926年(大正15年)5月8日:【延伸開業】樋脇 - 宮之城間 (15.9km) 【駅新設】入来駅、薩摩山崎駅、宮之城駅
画像

  1934年(昭和9年)
7月8日:【延伸開業】宮之城 - 薩摩鶴田間 (7.6km) 【駅新設】佐志駅、薩摩湯田駅、薩摩鶴田駅
7月8日:ガソリンカー運転開始
1935年(昭和10年)
6月9日:【延伸開業】薩摩鶴田 - 薩摩永野間 (10.6km) 【駅新設】薩摩求名駅、薩摩永野駅
8月28日:【駅新設】広橋駅
1936年(昭和11年)
3月20日:【駅新設】薩摩白浜駅
6月5日:【駅新設】船木駅
1937年(昭和12年)12月12日:【延伸開業】薩摩永野 - 薩摩大口間 (18.6km、宮之城線全通) 【駅新設】針持駅・西太良駅・羽月駅
画像

1940年(昭和15年)10月1日:【駅名改称】川内町駅→川内駅
1945年(昭和20年)6月20日:【駅休止】薩摩白浜駅
1947年(昭和22年)2月11日:【駅再開】薩摩白浜駅
1958年(昭和33年)2月1日:ディーゼルカー運転開始
画像

1959年(昭和34年)11月23日:【駅新設】上樋脇駅
画像

1974年(昭和49年)12月16日:蒸気機関車運転廃止
1984年(昭和59年)6月22日:第2次特定地方交通線として廃止承認
1986年(昭和61年)11月1日:全線 (66.1km) の貨物営業を廃止。
1987年(昭和62年)1月10日:全線 (66.1km) を廃止し、バス路線に転換(入来を経由しない川内 - 宮之城および川内 - 入来が林田産業交通[8](林田バス・現いわさきバスネットワーク)、入来 - 宮之城がJR九州バス、宮之城 - 薩摩大口が南国交通

宮之城線 (川内〜薩摩大口 66.1km) 1987年1月10日 廃止 第二次特定地方交通線

宮之城線は、昭和59年6月22日に第二次地方交通線に認定され、昭和62年1月10日は廃止されバス転換されますが、実は昭和43年の赤字83線を国鉄が指定したときにも、この路線は該当していました。

華やかな部分ばかりが目立つヨンサントウ改正ですが、実はローカル線に関しては少しずつ本数を減らすなど下改正でもありました。
ただ、減らした本数以上に他線区で増発していますので、トータルでは列車本数は増えています。

参考に、昭和43年9月時刻表と、昭和43年10月時刻表をアップしてみます、比較してご覧くださいませ。
昭和43年9月時刻表

昭和43年9月時刻表


昭和43年10月時刻表

昭和43年10月時刻表

列車本数が減少しています。 12本→10本

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
消えたローカル線  第二次特定地方交通線で廃止された・・・宮之城線  鉄道ジャーナリスト 加藤好啓 地方鉄道研究blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる